IKEAで小さなクリスマスツリーを見つけました。

初めて見るタイプのフェイクツリーで、お値段も手頃です。

IKEAで買った人工植物は、小さいものを中心に

現在10個ほど部屋にあります。

(逆に人工以外の植物はひとつもありません。)

 

 

しまい込んでいた植木鉢カバーを合わせてみました。

 

イタリア製の陶器で

プリントされているデザインは東欧の民族衣装のようですが

クリスマス柄にも見えなくもないかなと。

 

 

光沢もあり、本物っぽくなっています。

ミニツリーに合わせて、デコレーションもミニサイズが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の無料配布雑誌の表紙を飾っていたタヌキケーキ。

それを見て

あ、そうだ、あの懐かしのタヌキケーキを食べたみたかったんだと

急に思い出し、お店を探して行ってきました。

その名もポン太くん。

 

今はどうやら絶滅危惧種と言われているらしいですが

なるほど、

自分の子供の頃(いや大人でも?)はどこのケーキ屋でも

あったはずなのに最近では全く見かけなくなりました。

 

今でこそ、可愛い〜懐かし〜と歓喜していますが

 

懐かしいと言いつつも地味な容貌ゆえ、

現在までケーキの選択肢として全く考えられず

口にしたこともなかったケーキです。

 

 

いつも必ず買うモンブランには目もくれず

タヌキケーキを選んだことを不思議に思いつつ、

地味な色合いのポン太くんを食してみると

 

 

(ちょっとの間冷蔵庫に入っていたので表面がうっすらと

汗をかいていますが、)

上品なスポンジ、甘さを抑えたバタークリームの層と

チョコのパリパリがシンプルに飽きのこない味わいでした。

 

 

頭は申し訳ないけれど、この段階で上から直接口でがぶっといきます。

中身はクリームのみです。

その後2日間連続買いにいきました。

 

これもデコレーションがレトロ感ただようバターロールケーキ。

いつか試してみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回蚤の市で見つけたのは

ミニサイズのかせくり器です。

 

手作りなので、ひとつひとつ微妙に出来上がりに違いがあります。

 

 

使用と経年による変色も自然木ならではの味わいです。

 

 

並べてみると色の違いがわかりやすいですね。

ご紹介した商品はこちらにて販売中です。

ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピエモンテ州で作られるワイン・バローロは「ワインの王様」と

言われていますが、その中でも「マルケージ」は200年の

歴史を持つバローロを代表するワインメーカーです。

こちらはマルケージ社のワインボトルをそのままギュッと

ミニチュアにしたもので、本物さながらの箱入りとなっています。

 

ラベルも当時の1974年のバローロを忠実に再現しています。

経年によるラベルの汚れ具合も本物っぽく見えます。

 

左から2本ともバルベーラ、ドルチェット、バルベーラ。

 

全部並べてみても、とても8僂砲睨たない小さなボトルとは

思えないちゃんとした印象です。

 

以前ご紹介したミネラルウォーターボトル同様に

これらのミニチュアボトルはALPAという会社が

70‐80年代に製造していたものです。

 

調べてみるとワインにとどまらず、洋酒や

コカ・コーラ、ファンタ等多数存在しており

場所をとらないコレクションとしていいかもしれません。

 

外身重視の商品なので

中身は飲みものとしてはおススメできません。

 

今回、日本からイタリアに戻ってくる際に初めて経験したことに

預けたスーツケース全てが到着時に受け取れなかったことがあります。

(いわゆるロストバゲージ)

同日中に全て見つかったので、そんなに距離のはなれていない

乗り継ぎ地のフランクフルトに留まっていたのかもしれません。

配送されるのを家で待っているのも嫌だったので

翌日、直接空港まで取りに行ってきました。

受け取り時は気づきませんでしたが、、、がーーん。

一つのスーツケースの角3か所に大きな亀裂が入れられていて

次回は使えす。

でも中身は無事だったので良かったとします。

 

 

空港つながりで

 

7月位から見始めた

「エアポート セキュリティー」(オーストラリア)

「ナッシング トゥ デクレア」(イギリス?)

という番組があります。

 

空港での入国審査、税関検査(入国時の食品持ち込み申請をしていない人に対するやり取り)の他

ドラッグの所持の有無、タバコの持ち込み量チェック、

場所も海上の取り締まり、船から降りてくるトラックの抜き打ち検査、

不法滞在者の民家突入や海外から届く小包の中身確認等と多岐にわたります。

 

毎日だいたいオーストラリアとイギリスの2か国の番組のみ放映されるのですが

夏休みの間はスペシャルバージョンなのでしょうか

アメリカ&スペイン版も放送されていました。

 

そのスペイン版ボーダーセキュリティーの

税関検査場で貼られていたポスターが非常に気になっていました。

 

 

今回フランクフルトの空港でご対面することができました。

スペインのポスターは可愛いなーと思っていたんですが

どうやらヨーロッパ内共通のポスターだったようです。

 

内容は証明書がないとEUに動物はないれませんよというもので

病気を持ち込ませないためのようです。

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • モデナ・パヴッロの蚤の市
    イシダ
  • モデナ・パヴッロの蚤の市
    M.M.
  • コッパーモールド かせくり機など
    ナツ
  • コッパーモールド かせくり機など
    ナツ
  • ラデュレのマカロン
    Kyoko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM